不動産投資ロケット戦略が選ばれる3つの理由


1 どのような金融機関に融資の交渉をするべきかがわかる
 不動産投資を行う際に借り入れが必須になってきますが、比較的融資が通りやすい銀行と
 そうでない銀行が存在します。どのような銀行とどのように付き合えばいいのかが
 わかると好評です。

2 投資するべき物件がわかる
 どのような物件であれば投資を行なってもよいのかなかなかわかりにくい部分です。
 村田の過去の経験からこのような物件に投資するのが良いのか方向性がわかると好評です。

3 不動産投資の基礎の基礎の考え方がわかる
 不動産投資の基礎の部分の考え方や心構えという話もしているので、
 これから不動産投資を始める方にもわかりやすく、既に不動産投資を始めている方にも
 初心に変えることができると好評です。

村田幸紀の不動産投資ロケット戦略とは?

投資と聞けば、FX、株、投資信託、日経先物、海外投資と
あらゆる投資の手法があるため、
「いったいどの方法が一番正しいのか?」
わかりにくい時代になりました。

現在最も流行しているインターネットビジネスは、
成功している人が多いように思えるが実は難しい。
なぜなら、この方法自体が、ここ10年〜20年の間に
出来上がったノウハウで、まだまだ新しい方法だということに起因します。

そこで、村田幸紀が提唱するのが
国内不動産収益物件への投資です。

今さら不動産投資?しかも国内の?と思った方もいるかもしれません。

不動産オーナーという道はほかの様々な投資とは
ある種考え方が違います。

株式やFXと違ってある一定の投資パターン・ルールというものがあり、
それを一度覚えてしまえば、ずっと使えます。
つまり投資パターンとルールを知りさえすれば
比較的成功しやすい投資と変化するのです。

村田幸紀が提唱する不動産投資ロケット戦略では
1年間で年間キャッシュフロー1,000万円を得るための
ノウハウを紹介しています。

年間収益ではなく年間キャッシュフローというところに注目してください。
つまりは実際にあなたの手元に残る金額1,000万円
超える方法を知ることができるのです!

そもそも村田幸紀って誰なの?

そもそも話に出てきている村田幸紀ってどのような人物なのか
簡単にプロフィールをご紹介します。

村田 幸紀(むらた こうき)

不動産投資で経済的自由を手にする会
エグゼクティブトレーナー
三重県出身 1970年生まれ。

小学生の頃、大工の父が足場から足を踏み外し2階の高さから落下。
村田の父は大けがを負う。
父親は自営業のだった収入ゼロになり、
その後復帰まで1年以上の時間を要する。
普通なら破産してもおかしくない所を、
当時父が自分で建て所有していたアパートの収入に救われる。

2004年から自身でも不動産投資を開始し、築古高利回り物件を購入する。

しかし、入居者が全員退去するという事態に見舞われ、
貯金も底をつき、あと7週間で破綻する所まで追い込まれるが、
奇跡的に危機を脱する。

2006年にRC物件へ方針転換。
しかし、成功への道のりは険しく、購入できない時期が続く。

特に属性があまり高くなかったこともあり、融資付けに大変な苦労する。
特に当時全盛期だったSMBCから融資を受けられず、
大魚を何度も逃す苦い経験をする。

それでもあきらめず、地銀融資を突き詰めることで、
5棟、 総資産4億9千万円の物件を購入することに成功する。

この時の様々な失敗や経験が、糧となり、
いつしか「地銀の村田」と呼ばれるようになる。

実は村田自身も過去に不動産投資で大きな失敗をしています。
失敗のところから復活する際の経験をもとにしたものが不動産ロケット投資法です。

村田自身が成功した方法を駆使して、
年間キャッシュフロー1,000万円
まずは目指してみましょう!

不動産投資ロケット戦略の効果はどれほどあるのか?

不動産投資ロケット戦略の効果はどれほどあるのか。
これがこの不動産投資を行うかどうかを決める一番重要な部分です。

まずは実際にこの投資を行なっている村田自身の成果が

家賃収入:1億円以上
キャッシュフロー:5000万円以上

これが安定している数字で実際には以下の実績です。

家賃収入:1億9300万円/年(満室時)
銀行への返済:7600万円未満/年
(家賃収入−返済=1億1700万円/年、 返済比率39%)
さらに必要経費を差し引いたとしても最低
7,000万円はキャッシュフローで手元に残る実績を出しています。

いきなりここまでの実績が出るとは言い切れませんが、
この方法を実践するとたった1回の投資で、
キャッシュフロー年間1000万円を超えるものも、珍しくありません。


収益を生み出す不動産がいくつも積み重なると、
村田のように月間キャッシュフローが580万円以上という
安定収益を得ることができるようになるというわけです。

どのような方法で安定的にキャッシュフローを得る仕組みを作ることが出来るのか?
その答えはこのDVDのなかにあります。
キャッシュフロー1,000万円を得るための初期投資がなんと19,800(税込)です。
購入はこちら

実際に話を聞いた人はどのように感じているのか?

実際に村田の話を聞きロケット戦略を実践している人の声をいくつか紹介します。

口コミ1

CFを生み出す不動産投資の5つのキーワードは
非常に明解に理解できました。

全国対応可能な金融機関は大切にするとのことで、
今後の参考になりました。

また、借入の順番も大切とのことで目からウロコでした。
◯◯◯銀行、充分注意します。





口コミ2

物件調査の具体的な方法、時間のかけ方が分かって良かった。

現地に行く前に価格交渉すべきだというのがわかってすごく良かった。

出口戦略が良く分かった。

法定耐用年数を超えても◯◯◯が良ければ
売れるという事が分かり良かった。


※○○○の部分は実際のセミナー内で村田が話をしています。購入後内容をお確かめください!




他にも満足しているとの声が多数ありました。

さらに詳しいクチコミはこちら


どのクチコミを見ても村田幸紀の不動産投資ロケット戦略の評判はよいものが多いです。
村田は原則このようなセミナーのDVDを発売することがありません。
今回のセミナーの内容をすることができるのは今だけです。
さらに詳しい情報を知りたい方は購入を検討される方は下から公式ページへ。